パーソナルジムの業務効率化をするためのツールとは?

公開日:2023/08/18

パーソナルジムを開業したいと思うものの、業務の効率化をどのようにしたらいいのかわからず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パーソナルジムはひとりで開業できるものの、業務をひとりでこなすのは大変です。本記事では、会員管理システムを導入することで業務の効率化につながる理由やシステム導入の成功事例を解説します。

会員管理システムの導入がおすすめ

パーソナルジムを開業するにあたり、会員管理システムの導入について迷われている人も多いのではないでしょうか。会員管理システムにはさまざまなものがありますが、業務の効率化アップのためにもパーソナルジムの運営にあわせた会員管理システムの導入も検討するといいでしょう。

パーソナルジムの業務をすべてひとりでおこなうのは大変である一方、人員を増やせばその分人件費がかかります。そこで、会員管理システムを導入することで、人件費を増やさずに業務の効率化を目指せます。事務処理の負担が軽くなれば、トレーニングや指導に時間がかけられるようになり、顧客の満足度につながります。

たとえば、フロント業務には、顧客の入退館の管理や入会の案内や会費などのレジの業務、電話対応や清掃やメンテナンス、データ入力の事務作業などがありますが、会員管理システムを導入することで仕事の負担が軽減されるでしょう。

会員管理システムが業務効率化につながる理由

会員管理システムが業務効率化につながる理由は多くあり、その理由について具体的に4つ紹介します。

ダブルブッキングを防げる

予約システムを使って一元管理をすることで、ダブルブッキングを防げることです。パーソナルジムはマンツーマン指導になるため予約が必要です。その際にメールや電話、ネットなどさまざまな形で予約が入るとスケジュール管理に時間がとられたり、ミスが起こりやすくなったりします。予約をひとつのツールで一元管理することで管理がしやすくなり、ミスが防げます。

売上を自動集計できる

会員管理システムは予約ができるだけでなく、自動的に売上を集計し、管理するサービスがあり、予約管理と予約売上管理が連動できるため業務の効率がアップします。集計方法もコースやスタッフごとに集計をおこない分析もできます。スタッフの勤怠管理に対応している予約システムを導入すると、給与計算もできます。

事前に支払い処理が可能

Web決済であれば、事前に支払い処理が可能です。Web決済ができることで、顧客もスマホやパソコンから簡単に支払い手続きができるため煩わしさがありません。単発の支払いだけでなく、会費や月謝の支払いにも対応している会員管理システムもあるため、パーソナルジムの運営方法によって選ぶといいでしょう。

レッスンの種類を増やしても管理しやすい

オンラインシステムに対応した会員管理システムがあるため、レッスンの種類を増やしても管理がしやすくなることです。グループレッスンをおこなう場合でも定員や残りの人数の管理ができるなど、会員管理システムで一括管理することで、業務の負担が減るでしょう。

会員管理システムの成功事例

これからの時代はDX(デジタルトランスフォーメーション)化がパーソナルトレーニングジムにおいても主流になりつつあります。DXとは、進化したデジタル技術を浸透させることで人々の生活をいいものに変化していくことを意味します。

今まで人がおこなっていた業務を会員管理システムで対応することで、人件費が削減できたり、業務効率化につながったりするため、DX化に貢献できるでしょう。

会員管理システムの導入例として、たとえば、予約をそれぞれ別のシステムで管理していたが、会員管理システムを使用することで顧客と予約情報の紐づけができるようになり、会員がどのようなプランを選んでいるか、どのくらいの頻度で予約を入れているかなど確認ができるよう改善されました。ニーズにあわせたジムの運営方法を考えることで、顧客の満足度が向上を目指して、効率的なマーケティングプランを実行しやすくなりました。

また、今までは体験予約から入会手続きまでの事務手続きを人がおこなっていましたが、登録手続きを申込者のスマホで全て完結できるようになった事例もあります。結果として、店頭での手続きが不要になったため業務量が軽減しました。

このように、会員管理システムを導入することで、決済や予約管理などが自動化できるようになり、実際に多くのジムで成功事例が生まれています。

まとめ

パーソナルジムを開業するときには、業務の効率化が必要不可欠です。業務効率化の一つの方法として、会員管理システムの導入がおすすめです。

人を配置しておこなっていたジムの予約管理や売上の集計、顧客の入退室管理などさまざまな業務を会員管理システムがおこなってくれるため、人件費も削減できます。これからの時代はDX化することで進化したデジタル技術を浸透させることにより、業務が効率化されて、結果的に顧客の満足度につながるでしょう。

おすすめの会員管理システム ランキング7選比較表

イメージRANKING01
RANKING02RANKING03RANKING04
RANKING05
RANKING06
RANKING07
サービス名Smart Hello(スマートハロー)会費ペイSTORES予約BUS CATCH(バスキャッチ)hacomono(ハコモノ)CLUBNET(クラブネット)SLIM(スリム)
特徴ソフトウェア開発の古参企業が提供するクラウド型会員管理システム会員管理・決済システムをワンシステムで管理できる!複数店舗の管理もOK!導入費用無料で充実のサービスを提供パッケージ化によって低価格、各種スクール向けに提供する会員管理システムウェルネス業界に特化、スマートフォン一つで完結する会員管理・決済システム電話サポートがあるから安心!バックアップ体制が整えられたサービス幅広い業種で利用できる機能やパックを用意!お試しは無料でOK
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事