インドアゴルフ開業に必要な準備・知識などまとめて解説

公開日:2023/08/18

近年のゴルフブームの再燃により、若者から女性、子どもまで、幅広い世代の人がゴルフを楽しむ様子を目にする機会が多くなりました。これからインドアゴルフを開業しようと考えている人は、必要な準備や開業資金について頭に入れておくことが大切です。今回は、インドアゴルフの開業準備のポイントや開業資金の目安などを解説します。

インドアゴルフの開業に必要な準備とは?

インドアゴルフの開業を検討している人は、開業準備に必要なポイントを押さえておくことが重要です。以下では、インドアゴルフ開業の際に必要な準備とそのポイントについて詳しく解説します。

ビジネスモデルの確立

インドアゴルフといっても、施設によって方針やコンセプトはさまざまです。どのような施設にするのか、誰をターゲットとするのかといったビジネスモデルが定まっていなければ、集客にはつながらないでしょう。

基本的にインドアゴルフを利用するのは新社会人〜50代くらいの人がメインであり、ゴルフ初心者で正しいフォームを学びたい人や、技術のブラッシュアップを目指す人など、利用目的はさまざまです。

初心者でも気軽に通えるインドアゴルフを目指すのであれば、道具の貸し出しやフォーム指導などのサービスを取り入れるのもよいでしょう。また、ゴルフ経験者が技術を磨ける場をつくりたい場合には、レッスンのクオリティや指導者の選定にもより力を入れなければなりません。

ビジネスモデルやターゲット層を明確にすることは、開業準備の最初に取りかかりましょう。

土地の選定

インドアゴルフの強みは、通いやすい場所を選べる点です。アウトドアゴルフは本番に近い環境の中で練習できるものの、広い土地が必要であり、都心から離れるため通いにくいのがデメリットです。インドアゴルフであれば生徒の通いやすさを優先して土地を選べるため、実際に足を運びながら最適な場所を探してみましょう。

設備の選定

インドアゴルフの設備準備として、打席数やそれぞれのスペース、シミュレーターの導入などを検討することも大切です。バックヤードに必要なスペースなどを考慮すると、建物の形によって適切な配置も異なります。候補の物件が複数ある場合には、ひとつひとつしっかりとシミュレーションしてください。

インドアゴルフの開業資金はどのくらい?

インドアゴルフといっても、規模や設備の種類、レッスン有無や指導の質はさまざまです。そのため、必要な開業資金も大きく異なるものの、大まかな目安としては1,000〜5,000万円程度であるといえるでしょう。

インドアゴルフの開業資金のメインとなるのは施工費です。建物の内装や外装はもちろん、看板や電気設備工事などの費用も必要です。また、築年数が古い建物であればその分費用が嵩むことも頭に入れておいてください。

さらに、スタッフの人件費や当面の運転資金に加え、スタッフ指導にかかる費用や備品購入費なども必要です。練習のみでなくレッスンの機会を設けてゴルフスクールの要素も取り入れる場合には、指導者の確保にも費用をかけなければなりません。

できる限り開業資金を安く抑えてインドアゴルフを開業したい場合には、フランチャイズのインドアゴルフを経営するのもひとつの方法です。フランチャイズの場合は加盟料の支払いが必要となるため、企業本部に問い合わせてみてください。

スムーズな運営のために会員管理システムを導入しよう

インドアゴルフの開業準備として欠かせないのは会員管理システムの導入です。会員管理システムとは、施設会員の情報を管理できるのはもちろん、インターネットの予約システムやスケジュール管理、会員へのメール配信、指導スタッフの割り当てなどのさまざまな機能を使用できるシステムです。

会員管理システムを導入することで、事務処理を担当するスタッフの人数・コストを減らしながら、人的ミスをなくすことも可能です。また、会員はインターネット上からいつでも予約ができるため電話の手間が省け、施設側だけでなく会員にとってもメリットが大きいのが特徴です。

最近では会員管理システムを導入した無人のインドアゴルフなども運営されており、若者や女性を中心に人気を集めています。インドアゴルフをスムーズに運営して業務効率化を図るためにも、開業準備のひとつとして会員管理システムの導入を検討してみるのがおすすめです。

まとめ

今回は、インドアゴルフの開業準備として必要なことや開業時間の目安・内訳などを詳しく解説しました。インドアゴルフの開業を検討している人は、まずは施設のコンセプトやビジネスモデルを確立することが重要です。ターゲット層が定まったら、土地や設備の選定、人材確保に移りましょう。

また、インドアゴルフの開業費用は1,000〜5,000万円ほどと幅広く、規模やコンセプトによっても大きく費用が変動するのが特徴です。開業資金をできる限り抑えたい場合には、フランチャイズのインドアゴルフ運営を検討するのもよいでしょう。

開業後の業務効率化やスムーズな運営のために、会員管理システムの導入を検討することも忘れてはなりません。使い方によっては無人のインドアゴルフ経営も可能であるため、機能性や操作性をよく確認してシステムを選定しましょう。

おすすめの会員管理システム ランキング7選比較表

イメージRANKING01
RANKING02RANKING03RANKING04
RANKING05
RANKING06
RANKING07
サービス名Smart Hello(スマートハロー)会費ペイSTORES予約BUS CATCH(バスキャッチ)hacomono(ハコモノ)CLUBNET(クラブネット)SLIM(スリム)
特徴ソフトウェア開発の古参企業が提供するクラウド型会員管理システム会員管理・決済システムをワンシステムで管理できる!複数店舗の管理もOK!導入費用無料で充実のサービスを提供パッケージ化によって低価格、各種スクール向けに提供する会員管理システムウェルネス業界に特化、スマートフォン一つで完結する会員管理・決済システム電話サポートがあるから安心!バックアップ体制が整えられたサービス幅広い業種で利用できる機能やパックを用意!お試しは無料でOK
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事