ヨガスタジオを開業するために必要な準備やポイントを解説

公開日:2023/08/18

健康志向が高まり、ヨガをおこなう方も多くなりました。ヨガは自宅でも気軽に始められることから、子育て中のままでも気軽に開業できる職業として人気が高まっています。本記事では、ヨガスタジオを開業するために必要な準備やポイントを解説します。検討している方がいれば、ぜひ最後までご覧ください。

ヨガスタジオの開業に必要なもの

ヨガスタジオを開業するためには、6畳ほどの滑らないスペースがあれば開業可能です。もちろん、広いスペースであれば多くの人を収容できますが、気軽に始めるには自宅で開業できるでしょう。ヨガスタジオの開業に必要なものを紹介します。

ヨガをおこなえるスペースを確保する

まず、開業するにあたってヨガがおこなえるスペースを確保しましょう。開業は自宅でもおこなえるため、6畳程度のスペースがあり、滑らない環境であれば問題ありません。また、荷物をおけるスペースも必要となります。

ヨガをおこなうと汗をかくため、エアコンを付けておくとよいでしょう。ほかには、顧客のために除湿器や加湿器を設置しておくとよいでしょう。

レッスン内容の調整

ヨガを開業するにあたって、多くのヨガ教室へ通いどのようにして教室を開いているのか研究しましょう。講師の声がけ、生徒の様子など講師が気にかけることは多岐に渡ります。

また、レッスン内容やスケジュールを考えるとき、料金と時間のバランスを考えましょう。安すぎると生活できず、レッスン料金が高いと集客できません。まずは、1レッスン2,000円程度にして様子を見るとよいでしょう。

広告・宣伝をおこなう

広告や宣伝をおこなう場合、ホームページの作成をおこなうことで、より多くの人を集客できるでしょう。ただ、自分でホームページを作成するのが得意でない方は、専門業者へ頼むのもひとつの手段です。

また、インスタやフェイスブックは気軽に宣伝できるツールです。ヨガ教室のアカウントを作成して、キャンペーンや写真などを掲載して多くの人の目に触れるようにしましょう。

ヨガスタジオの開業資金はどのくらい?

ヨガスタジオは、自宅でも開業できるため気軽に始められますが、うまく集客できないことも念頭に入れておく必要があります。ヨガスタジオの開業資金はどのくらいになるのか解説します。

最初は顧客が入らないことも想定しておく

初めから特定の生徒を確保するのは、難しいでしょう。最初の半年間は集客できないことを念頭に、150万円~200万円程度の資金を確保してから開業するとよいでしょう。できるだけ、開業から1年間で特定の顧客が集客できるよう宣伝に力を入れましょう。

集客がうまくいけば確定申告

集客がうまくいけば、確定申告をおこないます。目安としては、年間所得で20万円以上あればよいでしょう。もし、ヨガ教室の運営がうまくいき、ホットヨガも教えたい、スタジオを広くしたいなどの希望が出てくる場合もあります。こうした場合には、日本政策金融公庫での融資を検討してみましょう。

1度のレッスン料金相場

大手のフィットネスクラブでは、1度のレッスン料金の相場が3,000円程度といわれています。自宅でヨガスタジオを開業する場合は、開業資金が大幅に削減できるため1回のレッスン料金も3,000円以内に抑えられるでしょう。

しかし、その反面、近隣では自宅での開業をよく思わない方もいるでしょう。トラブル防止のためにも、開業する場合には自宅で開業する理由などをチラシで知らせておくとよいでしょう。

開業前に会員管理システムを選ぼう!

開業が決まったら、決済をおこなう際の会員管理システムを決めておくと便利です。会員管理をシステム化することで、キャンペーンの案内やチラシの案内などをスムーズにおこなえるでしょう。会員管理システムは開業前に選んでおくと便利な理由について解説します。

入会管理業務の負担を軽減できる

会費の管理システムを導入することで、ホームページやチラシの掲載が簡単におこなえるでしょう。また、受付や請求、入金管理などの負担を減らせるため人件費削減にもつながります。

なかには、初期費用と月額費用を無料でおこなうシステムも存在します。システム利用料だけの支払いで利用できる、会員管理システムもあり非常に便利です。開業を検討されている方は、こうしたシステムを導入するのもひとつの方法です。

入会申し込み・会員管理・請求などを一括管理できる

管理システムには、入会申込・会員管理・請求などを一括管理できるシステムが存在します。システムを導入することで申し込み受付と同時に会費の支払い方法などを登録できるでしょう。

まとめ

本記事では、ヨガスタジオを開業するために必要な準備やポイントを解説しました。主婦や高齢者など、ヨガスタジオで体を動かしたいと考えている方は多くいるでしょう。

ただ、なかなか近所にスタジオがなく教室へ通いたいけど通えないという方もいます。そういう方のために、ヨガスタジオを開業しようか検討されている方は自宅の少しのスペースでレッスンをおこなってみるのもひとつの手段です。

おすすめの会員管理システム ランキング7選比較表

イメージRANKING01
RANKING02RANKING03RANKING04
RANKING05
RANKING06
RANKING07
サービス名Smart Hello(スマートハロー)会費ペイSTORES予約BUS CATCH(バスキャッチ)hacomono(ハコモノ)CLUBNET(クラブネット)SLIM(スリム)
特徴ソフトウェア開発の古参企業が提供するクラウド型会員管理システム会員管理・決済システムをワンシステムで管理できる!複数店舗の管理もOK!導入費用無料で充実のサービスを提供パッケージ化によって低価格、各種スクール向けに提供する会員管理システムウェルネス業界に特化、スマートフォン一つで完結する会員管理・決済システム電話サポートがあるから安心!バックアップ体制が整えられたサービス幅広い業種で利用できる機能やパックを用意!お試しは無料でOK
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事