コワーキングスペースの開業に必要な費用や準備とは?

公開日:2023/08/18

在宅ワークやフリーランスで働く方が増え、会社へ出向くことなくネットワーク環境さえ整っていれば会社でなくても働けるようになりました。そこで、共同で仕事ができるスペースであるコワーキングスペースが注目を集めています。本記事では、コワーキングスペースの開業に必要な費用や準備について解説します。

コワーキングスペースの開業に必要な費用は?

働き方改革や、フリーランスで働く方が増えたことによりコワーキングスペースの需要が高まっています。コワーキングスペースを利用する方が増えれば、副業としてコワーキングスペースを開業できるでしょう。コワーキングスペースの開業に必要な費用について解説します。

コワーキングスペースの開業に必要な資金

一般的に、コワーキングスペースの開業には100万円~1,000万円の資金が必要とされています。最初から、物件を保有している方や空きスペースを活用する場合は、開業資金を大幅に減らせるでしょう。

ただ、新たにテナントを契約し内装をおこなう場合には開業資金が増えてしまいます。開業後の利用者数や獲得する数の計算をおこない、運転資金も含めて資金調達をおこないましょう。

助成金制度を利用する

自治体によっては、コワーキングスペースやシェアオフィスを開業する人のために助成金を設けている地域もあります。もし、コワーキングスペースを開設した地域に、こうした助成金があれば利用するのもひとつの手段です。

コワーキングスペースは儲かるのか

これからコワーキングスペースを開業するか検討されている方は、需要があるか気になるでしょう。コワーキングスペースは、在宅ワークや副業する人が増えている観点から十分に需要があるといえます。

ただ、利用者数が少ない場合や利用率と利用料の設定がうまくいかないと、利益が得られない場合もあります。こうしたことを考慮して、経営管理を十分におこないましょう。

コワーキングスペースの開業に必要な準備のポイント

コワーキングスペースを開業するためには、最低でも開業の4カ月前までには少しずつ準備する必要があります。

どういった目的でおこなうのか、どのような顧客に利用してほしいか決めておきましょう。コワーキングスペースの開業に必要な準備のポイントについて紹介します。

物件を決める・物件の契約

ターゲットなどが決まったら、開業する地域や駅などをリサーチした上で物件を決めます。探すポイントとしては、地域の人口や路線の乗車数、競合の店舗数の郵務などリサーチすると良いでしょう。

希望の条件に見合う物件を探し、駅からの道のりや内見を確認して契約をおこないます。物件の契約は開業の3か月前までには済ませておくと良いでしょう。契約には、保証金や礼金、賃料の前払いなどが発生するため、事前に資金調達しておきましょう。

内装工事・備品の納入・広告

コワーキングスペースでは、電気工事や空調設備工事、塗装工事などが必要になります。また、内装工事が終了したら必要な備品を納入します。例えば、デスクやインターネット環境、複合機などは必ず必要となる備品になります。

また、備品の納入と同時に広告のためのホームページ作成、パンフレットの作成などもおこないます。開業しても慌てないために、従業員の確保もハローワークなどを通じておこないましょう。

会員管理システムを事前に準備しておこう!

コワーキングスペースを開業するにあたって、決済システムを導入しておくと非常に便利です。一般的なコワーキングスペースでは、会員数が増えると業務が煩雑になります。後々のことを考えると、会員管理システムを導入しておくと良いでしょう。会員管理システムを事前に準備する必要性について説明します。

会員管理・請求管理システム

会員管理の情報を管理するためには、会員・請求・入金管理の機能を持ったシステムを導入すると便利です。こちらのシステムは、コワーキングスペースを運営するために役立つ機能がそろっています。

電子決済・QR決済・入退室管理システム

ドロップイン型のコワーキングスペースを検討されている方は、料金をその都度支払う形の決済になるでしょう。こうした場合には、電子決済やQR決済の導入が便利です。入金業務管理を簡潔にするだけではなく、現金の取り扱いに気を使わなくても良いメリットがあります。

また、会員の利用状況を把握するために、ICカードやスマートキーを利用した入退室管理システムも非常に便利です。コワーキングスペースを無人化にする場合は、入退室管理システムが必須の設備であり有人型であっても人件費の削減につながるでしょう。

まとめ

本記事では、コワーキングスペースの開業に必要な費用や準備について紹介しました。コワーキングスペースは、これからの時代に需要がある、運営方法であることがわかります。

また、在宅ワークでは仕事がはかどらない方や、違う環境で仕事をおこなうことで仕事の効率化が図れる方には利用したい施設になるでしょう。本記事が、コワーキングスペースを開業しようか検討されている方や、迷っているという方の参考になれば幸いです。

おすすめの会員管理システム ランキング7選比較表

イメージRANKING01
RANKING02RANKING03RANKING04
RANKING05
RANKING06
RANKING07
サービス名Smart Hello(スマートハロー)会費ペイSTORES予約BUS CATCH(バスキャッチ)hacomono(ハコモノ)CLUBNET(クラブネット)SLIM(スリム)
特徴ソフトウェア開発の古参企業が提供するクラウド型会員管理システム会員管理・決済システムをワンシステムで管理できる!複数店舗の管理もOK!導入費用無料で充実のサービスを提供パッケージ化によって低価格、各種スクール向けに提供する会員管理システムウェルネス業界に特化、スマートフォン一つで完結する会員管理・決済システム電話サポートがあるから安心!バックアップ体制が整えられたサービス幅広い業種で利用できる機能やパックを用意!お試しは無料でOK
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事