24時間ジムを開業するために必要な費用や準備を解説

公開日:2023/08/18

近年では、出勤前や仕事帰りなど、好きな時間に立ち寄れる24時間ジムが人気を集めています。これから24時間ジムを開業しようと考えている人は、開業準備のポイントや開業資金の相場などを押さえておくことが重要です。今回は、24時間ジムの開業準備や開業資金の相場・資金調達方法などを詳しく解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

24時間ジムを開業する際に留意すること

24時間ジムの開業を検討している人は、準備のポイントを押さえておくことが重要です。ここでは、24時間事務を開業する際に留意すべきポイントについて詳しく解説します。

初期費用をできる限り抑える

ジムにはさまざまな設備やマシンが必要となるため、開業費用も高額になりやすいです。そのため、初期費用を抑えるためのコツを頭に入れておくことは非常に重要となります。

「さまざまな設備を取り揃えた利便性の高い24時間ジムをつくりたい」と考える人は多いですが、開業時からプールやヨガスタジオなどの幅広い設備を導入すれば、その分初期費用も膨大となります。まずは限定した領域から始めて徐々に範囲を広げていくことで、初期費用とリスクを最小限に抑えられるでしょう。

物件選びのポイントを押さえておく

24時間ジムはアクセスのよさが非常に重要なポイントとなります。駅近の立地や路線が多いことなども大切ですが、車でのアクセスのしやすさにも注目しましょう。

また、駐車場を確保できるかどうかも集客のポイントとなります。そのほかには、床の強度や床面積、周辺のジムの有無などもチェックしてみてください。

フランチャイズの利用も検討する

フランチャイズの24時間ジムを運営することにはさまざまなメリットがあります。開業資金や設備仕入れ費用が抑えられるだけでなく、ジム経営に関するノウハウを学ぶ機会も得られます

内装や設備の種類・メーカーなどについては自由度が低くなるものの、とくにこだわりがないのであれば、フランチャイズ利用を検討するのもひとつの方法です。

24時間ジムの開業資金の相場

24時間ジムの開業資金について、内訳や相場、資金調達の方法などを解説します。

24時間ジムの開業資金の内訳と相場

24時間ジムの開業資金の主な内訳は、物件取得費や内装費、設備費などです。物件の状態や種類、設備をどこまで導入するかによって開業資金の金額は大きく異なるものの、大まかな相場としては8,000万円程度、設備によっては1億円以上となるケースもあります。

24時間ジムの開業資金の調達方法

開業資金の調達方法には、自己資金や金融機関の融資などが挙げられます。自己資金で1億円前後の資金を用意できるケースは稀であるため、多くの人は融資を受けることになるでしょう。

ただし、融資を受けるには条件があったり、ある程度の自己資金が必要となったりするケースが多く、必ず希望額を満額借りられるという保証もありません。開業資金を少しでも抑えたいと考えている人は、フランチャイズの24時間ジムを経営する方法も選択肢に入れておくのがよいでしょう。

予約・決済・退会などの事務作業を削減しよう

24時間ジムの開業準備として忘れてはならないのが会員管理システムの導入です。以下では、会員管理システムの導入メリットを詳しく解説します。

入会から予約まですべての手続きに対応できる

会員管理システムでは、入会・退会やオプション契約、パーソナルトレーニングの予約手続き・キャンセルまで、24時間ジムの利用に関するすべてのサービスに対応可能です。

システム導入によって無人でのジム経営もできるほどであり、事務スタッフの手間や人件費を最小限に抑えられるのが魅力となります。利用者はアプリやインターネット上から利用手続きやトレーニング予約を済ませられるため、施設側だけでなく利用者側にとってもメリットが大きいといえます。

決済手続きの自動化が可能

毎月の利用料決済やオプション契約の締結・決済、ジム利用のチケット購入など、すべての決済手続きを自動化できます。さらに、料金未納者にはメールを送信したり、一定期間未納が続いた場合に利用を停止するなどの措置も設定可能です。

各種キャンペーンにも対応

会員管理システムでは、プロテインや水素水の利用が一定期間無料になるなど、オリジナルキャンペーンの登録もできます。キャンペーンの利用開始や解約手続きはもちろん、規約により中途解約時に料金が発生するシステムとしていた場合には、違約金を自動的に徴収することも可能です。

まとめ

今回は、24時間ジムの開業準備のポイントや開業資金の相場に加え、会員管理システムの導入メリットについても詳しく解説しました。24時間ジムは開業資金が高くなりやすいため、初期費用を抑える工夫を取り入れることはもちろん、集客に向けて立地にこだわることも必要です。

開業資金の相場は8,000万円ほどであり、施設規模によっては1億円を超えるケースもあります。融資を受ける際には自己資金も必要となる場合が多いため、ある程度まとまったお金を用意しておきましょう。

また、業務効率化や利用者にとって便利な仕組みを取り入れるため、会員管理システムの導入を検討することも必要です。入会・退会などの手続きはもちろん、キャンペーン利用や決済などもすべてシステム上にて完結でき、事務スタッフの手間を最小限に抑えられます。

おすすめの会員管理システム ランキング7選比較表

イメージRANKING01
RANKING02RANKING03RANKING04
RANKING05
RANKING06
RANKING07
サービス名Smart Hello(スマートハロー)会費ペイSTORES予約BUS CATCH(バスキャッチ)hacomono(ハコモノ)CLUBNET(クラブネット)SLIM(スリム)
特徴ソフトウェア開発の古参企業が提供するクラウド型会員管理システム会員管理・決済システムをワンシステムで管理できる!複数店舗の管理もOK!導入費用無料で充実のサービスを提供パッケージ化によって低価格、各種スクール向けに提供する会員管理システムウェルネス業界に特化、スマートフォン一つで完結する会員管理・決済システム電話サポートがあるから安心!バックアップ体制が整えられたサービス幅広い業種で利用できる機能やパックを用意!お試しは無料でOK
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事